お知らせ・リンク等

にょきさん♪
  マリオカート8 (WiiU ネットワークID):Nyoki3_Papa

 ●私の情報 [クリック] (2012/01/09更新)
 ●ニコニコ動画 プレイ動画マイリスト [クリック]
 ●Youtube マイチャンネル [クリック]
 ●マリオカート8フレンド交流チャット [激闘館]
 ●にょきさん♪ ルーム戦・連絡・雑談用 チャット(にょき♪茶) [クリック]
 ★誰でも簡単・綺麗! 動画アップ術★ [クリック]
 ★DVDレコーダーを使って動画アップする!!★ [クリック]
 ★☆★何でもお便りコーナー★☆★ [クリック]
    ⇒記事に関係ないお便り・伝言・チャット依頼はこちらに (移動しました!)

プロフィール

Nyoki★San♪

Author:Nyoki★San♪
 にょきさん♪(Nyoki★San♪)です。
 宜しくお願いします。
 ちなみに・・♂ですので♪

FC2カウンター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこ~♪

さて・・GWも残り1日となりましたが、
5月5日のこどもの日、家族揃って和歌山まで、有名な「ネコ」様に会いに行きました。

20150505-01.jpg

関西に住む人、猫好きの人、鉄分の多い人はご存知かと思いますが・・
和歌山電鐵の貴志川線、貴志駅の「たま」スーパー駅長兼・社長代理ですね。

トップ画像は、その「たま」にあやかって魔改造された、通称「たま電車」です。
ちゃんと耳まで付いて・・凝ってます。

続く・・

そもそもの発端は・・
単に、ウチの嫁さんが大のネコ好きであると言う事。

以前から「たま」に会いに行きたいとは言ってましたが機会が無く、
ようやくこのGWに実現となりました!

と、その前に・・この「たま電車」のご紹介から。。

とにかく、外装は「たま」だらけです!
20150505-02.jpg
車体の上も下も・・そして窓までも!
20150505-03.jpg
車端部まで・・ちなみに前足を揃えるとハート模様になる様で。
20150505-04.jpg

さらに・・単に外観のラッピング(?)だけの単純な電車ではありません。
その内装は・・
20150505-05.jpg
ほぼ、「たま」仕様に作り替えです。
窓からも覗いています。(上の写真で窓にかかってるイラスト部ですね)
20150505-06.jpg
背もたれも「ネコ」仕様、良く見えないかもですが壁紙も「たま」だらけです。
20150505-07.jpg
こう言った小物までも(窓の間に置かれた電灯とか)・・凝ってます。

正直・・写真に撮りきれません・・
車端部には本棚が置いてあり、ネコに関する絵本や漫画が・・
(「ドラ○もん」の漫画もありましたね・・)

もう嫁も子供も大喜びでしたね。
いや~楽しい!!

ちなみに、この電車はイベント用の特別な電車では無いのですね・・
沿線住民には、日常的に利用する電車なのです。

詳しい説明は後にして、
和歌山駅からスーパー駅長兼・社長代理である「たま」の居る貴志駅に!

20150505-08.jpg
がしかし・・貴志駅では改札横の駅長室でお休みの様でした・・

まあ、それも当然なんですね。
先日、4月29日に16歳の誕生日を迎えたそうで、
人間の年齢にして80歳だとか、かなり長寿です!!

そして・・これが貴志駅
20150505-09.jpg
2010年に改築されて、グッズを売るショップやカフェを併設し
「ねこ」を模したユニークな駅舎です。


で、ここで和歌山電鐵貴志川線や「たま」の生い立ちなど。

和歌山電鐵貴志川線は、元は関西の大手私鉄である南海電鉄の支線
である貴志川線だったのですが、
大手私鉄の多くが、鉄道事業の経営に苦労する中、
特に地方支線の多い南海電鉄も厳しい状況にあり、
地方道路交通網の整備や自家用車率の増加、沿線人口の減少等で
貴志川線の利用者も年々減少を続け、
そして廃止の話が出たのが2003年、そして2005年撤退決定!

そこで、自治体である和歌山県・和歌山市・貴志川町が存続運動を開始し、
事業の引き継ぎ先を公募した所、多数の企業や個人が名乗り出て、
その中で鉄道事業の経験のある岡山電気軌道(岡山市の路面電車)
に引き継ぐ事とし、2006年に岡山電気軌道の親会社でもある
両備グループの子会社、和歌山電鐵として再出発したのでした。

関西にありながら、岡山のグループ会社と言う珍しい鉄道会社です。

その両備グループと強い繋がりのある人物が「水戸岡鋭治」氏。
そもそもは、家具や建築のデザイナーだったのですが、
一躍有名にしたのがJR九州の車両・内装のデザイン。

JR九州初代の在来線特急電車「つばめ」の車両・内装デザインを始め、
その後数々のJR九州の車両・内装デザインを担当。
九州新幹線に代わった「つばめ」や、最近では「ななつ星in九州」と、
豪華列車・新幹線から通勤電車まで、さらに最新車両のデザインから、
既存(国鉄時代の)車両のリニューアルまで、
従来の鉄道車両には無い、ユニークな車両を多々生み出しています。
現在はJR九州のデザイン顧問でもあるのですね。

九州にお住まいの方や、九州に鉄道旅行された方は、
その奇抜なデザインの車両に驚かれた方も多いのでは?
やたら記号の多い外装や、木を多用した車内(椅子が木製)など・・。

両備グループとの繋がりは、氏の出身地が岡山県であった事から。
岡山電気軌道の新型路面電車のデザインを依頼されてからの繋がりで、
それ以来、両備グループのデザイン顧問も務めています。

で・・和歌山電鐵のこれら車両に繋がるのですね。

和歌山電鐵としての再出発のに際し、氏が車両のリニューアルを担当。
第一弾が「いちご電車」、第二弾が「おもちゃ電車」
そして第三弾として「たま電車」が登場したのでした。。

「たま電車」は余程好評だったのか?
岡山電気軌道の路面電車や両備バス、さらにJR九州の特急「ソニック」
にも「たま」がデザインされた車両が登場してますね!!


さて・・その「たま」については、
南海電鉄の貴志駅時代から駅舎の猫小屋で飼われていた猫だったとか。
南海電鉄から和歌山電鐵に代わり、駅も無人化。
猫小屋も取り壊しの話になったそうですが、
「たま」を飼っていた方々から、駅舎内で飼えないかと和歌山電鐵社長に
相談があり、ならば「駅長にしてしまおう」とのアイデアに発展。

そして「たま」駅長が誕生したのですが、
このユニークな発想がニュースなどでも大きく取り上げられ、
面白電車と共に「たま」駅長の話題性から、貴志駅を訪れる方々が増加。
結果、貴志川線自身の利用者増にも繋がっているみたいですね。
※今日は休日だった為か、どの電車も通勤電車並みに満員でしたね。


本来あるべき鉄道の姿では無いとは思いますが、
沿線住民の増加や住民利用のアップはもはや望めない現代、
それでも鉄道を必要とする沿線住民にとっては喜ばしい事かと。。


さて・・写真に戻りましょう。
20150505-10.jpg
こちら、リニューアル第一弾の「いちご電車」ですね。
沿線のいちご栽培が盛んだとの事で・・
20150505-11.jpg
今回は乗車出来ませんでしたが、
第一弾だけあって、車内は少々おとなしめ。(でもかわいい!)
20150505-12.jpg
で、こちらは第二弾の「おもちゃ電車」。
これで、途中の伊太祈曽駅を目指します!
20150505-13.jpg
20150505-14.jpg
こちらは結構派手なデザイン・・
20150505-15.jpg
車内に何とガシャポンが!!
そして、車端には鉄道模型の展示棚が!!!

20150505-16.jpg
伊太祈曽駅の目的は、この「ニタマ」ちゃん。
主に「たま」の駅長代行をされています。

「たま」も年齢以前に生き物ですからね。
基本、貴志駅は「ニタマ」と交代勤務、祝日とかは「たま」が貴志駅、
「ニタマ」が伊太祈曽駅の駅長を務めているみたいです。

ちなみに「ニタマ」は2代目「たま」の意味かにゃ?
でも血縁関係はありません。何でも岡山の国道沿いで拾われたらしい。


この後、再び「たま電車」で和歌山に戻り、一路神戸へ・・・
特急を使えば、30分以上も時間が短縮出来るのですが、
神戸から和歌山は遠くて電車賃も高い!!

でも、久々の電車での遠出は良い気分転換になりました。。

ではでは~♪

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。